情報配信

   スガノ農機の現況について正しい情報を配信しております。
現状のコーポレートサイトには事実と異なる内容が含まれておりますのでご注意ください。

耕すことの四方山話

〜 スガノ農機株式会社 代表取締役社長 村井信仁・著 〜

・記事一覧・

はじめに


私は昭和三十年に卒業して社会に出ました。
六十年の現役生活は、スガノ農機と深い関わりを持ちながら歩んで参りました。

大変寂しいことではありますが同年代の多くの技術者が第一線から退く中、
スガノ農機株式会社の代表となったこの機会に
次世代の方々にとって、これまでの技術の変遷を知ることも大切なことではないかと思い、
語り部として思いつくままに書いてみることにしました。

とりとめのない文面ではありますが、多くの方にお読み頂ければ幸いです。

全30編、逐次公開予定

        

25 収奪農業の愚

作物が圃場から収奪したものを戻すというのは農業の原則です。化学肥料が自由に使える現在は、平年であれば、そこそこ […]

26 不練耕法

平成2年、中国で稲作の技術指導をして、収量を4倍にしたことで知られる原正市さんを北海道土を考える会が講師として […]

30 三代目の生き様

同年生まれということもあり、折に触れて祥孝社長から電話や手紙をもらいました(頼りになるかどうかは別にして…)。 […]