会社情報

スガノ農機の現況について正しい情報を配信しております。
現状のコーポレートサイトには事実と異なる内容が含まれておりますのでご注意ください。

沿革

1917年
(大正 6年)
菅野豊治が北海道空知郡上富良野町にて、菅野農機具製作所を開業し、畜力プラウ等を製作
1941年
(昭和16年)
日本政府及び満州国(中国)政府の斡旋、推奨により 吉林省吉林市に移駐工場として開業
1946年
(昭和21年)
終戦により帰国、創業地の上富良野町にて再開業 製品色及び商標を「白」に定める
1952年
(昭和27年)
日本機械化大博覧会にて 白いプラウ7機種入選合格し、金賞受賞
1958年
(昭和33年)
スガノ農機株式会社を設立
1959年
(昭和34年)
トラクタ用プラウ第1号機完成
1965年
(昭和40年)
菅野良孝 社長就任
1972年
(昭和47年)
菅野祥孝 社長就任
1978年
(昭和53年)
北海道土を考える会設立、事務局担当
1980年
(昭和55年)
茨城工場を茨城県稲敷郡美浦村に開設
1982年
(昭和57年)
プラウ、サブソイラ生産10万台達成
1983年
(昭和58年)
国産初の大型リバーシブルプラウを製品化
1989年
(平成元年)
茨城工場第2期増設工事完成
1991年
(平成 3年)
茨城工場第3期増設工事完成し、粉体塗装設備一式更新
1992年
(平成 4年)
創業地の上富良野町に「土の館」開館
1995年
(平成 7年)
大区画新稲作体系「不練レーザー耕法」発表
1998年
(平成10年)
反転均平工法により、基盤整備事業に参入
2002年
(平成14年)
反転均平工法が「ほ場整備整地工の反転均平システム」 として北海道知事賞を受賞
2003年
(平成15年)
不練レーザー耕法が「日本型レーザー均平・整地技術の開発」で、公益社団法人農林水産・食品産業技術振興協会主催する民 間部門農林水産研究開発功績者表彰の独立行政法人農業・ 生物系特定産業技術研究機構理事長賞を受賞
2004年
(平成16年)
土の館が北海道遺産に選定される
2004年
(平成16年)
日本農業向きボトムプラウの開発で文部科学大臣賞を受賞
2005年
(平成17年)
菅野充八 社長就任
2006年
(平成18年)
宍道湖のケーブル埋設事業に向け湖底プラウを開発
2010年
(平成22年)
複合作業機フロンティアシリーズ発表
2011年
(平成23年)
震災ボランティア社員参加
2012年
(平成24年)
農研機構と共同で除染用反転耕プラウを開発
2014年
(平成26年)
「土の館」が一般社団法人日本機械学会の機械遺産に認定される
2015年
(平成27年)
ボトムプラウが産業技術史資料情報センターの技術の系統化調査対象となる
2017年
(平成29年)
村井信仁 社長就任
2017年
(平成29年)
上下反転自由プラウとプラスチックプラウが重要科学技術史資料(未来技術遺産)に選定される