2021年 上期 総合カタログ スガノ農機 株式会社
27/128

《最大作業深:50cm》2本爪タイプ標準作業深:30~50cm追従ウイング/簡易スタンドH502D《3SH2》希望小売価格 ¥370,000(税別) ¥407,000(税込)適応トラクタ重量2100~3700kg(2500kg以下は条件による)参考馬力:45~60ps(33~44kw)H502D《最大作業深:60cm》2本爪タイプ標準作業深:30~60cm追従ウイング/簡易スタンドH602D《6SH2》希望小売価格 ¥450,000(税別) ¥495,000(税込)適応トラクタ重量2700~4700kg(3400kg以下は条件による)参考馬力:70~90ps(51.5~66kw)H602D《最大作業深:50cm》3本爪タイプ標準作業深:30~50cm追従ウイング/簡易スタンドH503D《3SH3》希望小売価格 ¥470,000(税別) ¥517,000(税込)適応トラクタ重量2400~4000kg(3100kg以下は条件による)参考馬力:60~70ps(44~51.5kw)H503D追従ウイング/コールタ/簡易スタンドH602B《6SH2C》希望小売価格 ¥600,000(税別) ¥660,000(税込)《最大作業深:60cm》3本爪タイプ標準作業深:30~60cm追従ウイング/簡易スタンドH603D《6SH3》希望小売価格 ¥580,000(税別) ¥638,000(税込)適応トラクタ重量3100~5100kg(4000kg以下は条件による)参考馬力:70~100ps(51.5~73.5kw)H603B逆V配列/追従ウイング/コールタ/簡易スタンドH603B《6SH3C》希望小売価格 ¥770,000(税別) ¥847,000(税込)試験データ(北海道釧路市)2017年実施飼料用とうもろこし ほ場の物理性改善試験 (阿寒農協阿寒TMRセンター研修会資料より抜粋)※釧路農業改良普及センター釧路中西部支所作成●実施場所阿寒農協阿寒TMRセンター様(北海道釧路市阿寒町徹別中央45-2 )No.3ほ場●目的ハーフソイラの施用に対する飼料用とうもろこしの生育に対する効果検証●試験内容水が溜まりやすい低地のほ場でハーフソイラの施用区と無施用区を設定し、収穫までの生育を比較。●試験区の状況●子実の比較(9月8日)生収量(kg/10a)04,0008,000無施工区ハーフソイラ区1,6573,9841,7064,1165,6415,822乾物収量(kg/10a)01,0002,000無施工区ハーフソイラ区6577397567761,4461,532■ 茎葉収量 ■ 子実収量 総収量01,5001,000500無施工区ハーフソイラ区559459642452TDN収量(kg/10a)1,0181,0946月26日01002003007月3日8月1日30345563237283草丈(cm)■ 無施工区 ■ ハーフソイラ区6月26日051015207月3日8月1日5.75.97.58.414.815.3葉数(枚)硬盤層は地表から40~50cm試験ほ場は石れきが多く、心破施工は敬遠されてきたが、殆ど石の持ち上がりが見られずほぼ平坦に施工することができた。(作業速度は1ha/h程度)無施工区●茎葉の比較(9月8日)無施工区ハーフソイラ施用区ハーフソイラ施用区103%up106%up107%up103%up106%up107%up一貫してハーフソイラ区がリード一貫してハーフソイラ区がリード一貫してハーフソイラ区がリード一貫してハーフソイラ区がリードまとめ雄穂、絹糸抽出期共にハーフソイラ区が2日早く、その他全ての比較結果で無施工区に比べてハーフソイラ区が優っており小雨年だった本年でも心土破砕施工による効果が確認できた。26ハーフソイラ心土破砕

元のページ  ../index.html#27

このブックを見る