INJECTER

埋設機(モミサブロー)

埋設機(モミサブロー)

補助モミ暗渠で
本暗渠への水みちを作る

透・排水性の悪い水田では、暗渠までの水みちが確保されていない場合があります。
通常はサブソイラの施工で透・排水性効果が表れますが、シルト質粘土の多い湿田では、サブソイラ施工の溝がふさがって水みちを断ってしまいます。
モミガラ暗渠埋設機は、ナイフで形成した溝にモミ殻を充填しますので、シルト質土壌でも水みちを塞ぐことなく透・排水性を向上させます。


※製品カタログPDFが開くので、ご希望の製品写真をクリックして単品カタログをご覧ください。希望小売価格は、2017年12月1日現在のものです。
製品一覧へ

モミガラ暗渠埋設機の効果とポイント

  • 効果1持続的な
    透・排水性向上
  • 効果2適期作業を
    可能にする

モミが消滅するまで持続

モミガラ暗渠埋設機で施工した補助モミ暗渠は、モミ殻が腐植して消滅しない限り透・排水性は持続します。

暗渠や砂礫層が条件

モミガラ暗渠埋設機の効果を発揮させるには、既設の暗渠や透水性の良い砂礫層があることが条件です。

モミガラ暗渠埋設機 モミガラ暗渠埋設機

モミガラ暗渠埋設機の特徴

モミ出口シャッタ

ゲージホイルと連動していて、ナイフが設定の深さに達すると自動で開くのでモミ殻を的確に充填します。

バイブロ(振動式)機構

PTOの動力がナイフに振動を与え、けん引力を断続的に補足する加振機能が働くので悪条件のヌルヌル圃場でも作業がスムーズにできます。

ホッパ

M451ABの場合、容量450リットルで約30mの施工ができ高能率の作業が可能です。

*計算値ですので、戻り土圧や作業速度やモミ殻の水分によって異なります。

施工断面画像
モミガラ暗渠埋設機で施工後すぐに溝を掘ることで
より効果的な排水対策を実現!!

※モミガラ暗渠埋設機は本暗渠と交差する方向に施工します。
施工後すぐに交差するように溝を掘るとより効果的です。

施工後は排水口から一気に水がでます。

施工後すぐに交差するように溝を掘るとより効果的です。

額縁の溝が表面水の水みちとなり余剰水を集積し排除します。溝は必ず排水口につないでください。モミ殻が本暗渠までの水みちとなり地下浸透水を排除します。モミ殻が腐植するまで効果が持続します。

酪農・養豚・養鶏、糞尿の低コスト処理・有効活用にM352BA

埋設パイプ

糞尿を溢さず埋設するので採草地では糞尿が付着しません。

油圧シリンダ

けん引ヒッチ接続部を油圧で上下させます。道路の走行時にバキュームカーを水平に保ちます。

土とスラリーの混合ウイング

窪地などでスラリーと土を混和させ粘性を高め下流への流れを防止します。

LINE UP

埋設機 ラインナップ

モミガラ暗渠埋設機の製品ラインナップは、こちらをご覧ください。

ラインナップを見る

モミガラ暗渠埋設機 モミガラ暗渠埋設機