BOTTOMPLOUGH

ボトムプラウ

ボトムプラウ

有機物反転鋤込み
深耕による土づくり

農耕の基本「耕す」と言うこと、それは土地の持つ潜在能力を最大限に引出し、同時に表層の疲労した土壌を下層に休息保全させ、再生産を促す技術です。
耕す機械の代表的なものは、深耕、反転・鋤込み耕ができるボトムプラウです。深耕は、根の生育範囲を拡大し、また環境を改善し保持します。反転・鋤込みは、疲労した土壌に有機物や堆肥等の供給と共に下層で休息保全させ、肥沃度をあげます。


※製品カタログPDFが開くので、ご希望の製品写真をクリックして単品カタログをご覧ください。希望小売価格は、2017年12月1日現在のものです。
製品一覧へ

ボトムプラウの効果とポイント

  • 効果1団粒構造形成を
    促進
  • 効果2連作障害を
    回避
  • 効果3冷害・干ばつを
    回避
  • 効果4害虫の卵や雑草の
    種子を抑制
  • 効果5乾田化と
    地温上昇
  • 効果6緑肥を一工程で
    鋤込む
  • 効果7水稲の根腐れ・
    秋落ち防止

砕土整地は重要

耕起後の砕土整地には、バーチカルハローやプレス耕法用作業機の使用をご検討ください。

踏圧(硬盤)の解消法

ボトムプラウ耕は毎年同じ深さで作業をしていると、タイヤの踏圧などで硬盤が形成されます。その解決策として、サブソイラで硬盤を破砕する方法と、別売の心土犂でプラウ耕と同時に作土(犂底)の下を破砕する方法があります。

プラウの基本作業

有機物循環農法は、あらかじめスタブルカルチなどで収穫残渣物と土を混和させます。表層は地温が高く、微生物は盛んに活動して残渣物を腐植させます。このような状態にしておいて秋に、あるいは春にボトムプラウで鋤込むのが基本です。

心土改良法

心土が不良な場合、プラウで一度に深く耕すことは新しい土が多く上がるために、減収につながります。この時は、数年サブソイラ耕やプラソイラ耕を行います。これにより下層は破砕され空気や水が入り、根の伸長を促してやがて根は腐植します。この繰返しで心土層が改良されます。その後プラウ耕を行うことで心土改良ができます。

溝曳きタイプと丘曳きタイプ

溝曳きは、プラウ耕で出来た溝にトラクタの片輪を落とし、溝をガイドにして耕起作業を行う方法で、トラクタのけん引点が下がり、けん引時の出力ロスを小さく出来る反面、犂溝の底を踏み固めてしまうという欠点があります。これに対して丘曳きは、溝に片輪を落とさずに耕起を行う方法で、トラクタが走行した後を耕起するので犂底を踏み固めることは無くなります。

ボトムプラウ ボトムプラウ

ボトムプラウの特徴

作土をコールタで耕起する幅に切断して、シエアは任意の深さで犂底を削ぎながらモールドボード上を滑らして放てきします。その際に土塊は、モールドボードの三次元曲面にそって破砕され反転(天地返し)されます。

モールドボード

土は反転率の高い三次元曲面上を進行していくときに、れき上の各層にズレが出てきて、ボードの凹曲面にきたとき破砕作用が増加します。土壌は反転・破砕・混合・膨軟・放てきされます。

シェア

土壌を水平に切断して、モールドボードに送り込みます。

ランドサイド

反転する土壌の抵抗によって生ずる側圧を受け止めながら、れき溝壁に沿って滑りながら前進し、プラウの安定と進行方向の耕起幅を保持します。

ヒール

れき溝底に接触して、モールドボードからの圧力をささえ耕深を安定させます。

モールドボード、シェア、ランドサイド、ヒール プラウの部品の紹介

カバーボード

雑草や残渣物の飛散を防ぎ、それらを確実にれき溝底へ落とし込みます。

エクステンション

粘土質や重い土壌や深耕の場合は、れき条がやや立ってくるのでれき土を押さえて反転を補助します。

ツイストコールタ

ツイストコールタは2連以上の製品に装備することで全長を短縮化してロアリンクにかかる荷重を抑え、軽快な作業を実現します。

ツイストコールタ

2点オートヒッチ

ロアリンクの2点は、ワンタッチでの接続となりますので、簡単で、素早い脱着が可能です。

アクスル機構

作業開始時に、トップリンクを10回転程度縮めた状態になり、その場から確実にささり込みます。

アクスル機構

オフセット機構

畦際や境界際まで耕せ、未耕地をつくらないオフセット機構。機種により、トラクタの運転席から操作できる「油圧オフセット」を別売で用意しています。

スガノオリジナル鋼+熱処理

スガノでは、今までにない画期的な材料開発と高度な熱処理技術により、「スガノオリジナル鋼」を開発し、プラウをはじめ数多くの製品に採用しています。"ALL QUENCHING"は軽くて強いスガノ製品の証です。

オフセット機構

ボトムの種類

スリックボトム
スリックボトム

軽しょう土など比較的軽い、付着しやすい土壌用

スチールボトム
スチールボトム

砂壌土・粘土など比較的重い、付着しない土壌用

格子ボトム
格子ボトム

粘土・火山灰壌土・および比較的軽い、付着しやすい土壌用

LINE UP

ボトムプラウ ラインナップ

ボトムプラウの製品ラインナップは、こちらをご覧ください。

リバーシブルプラウ ラインナップ

ワンウェイプラウ ラインナップ

ボトムプラウ ボトムプラウ