VERTICAL HARROW

バーチカルハロー

バーチカルハロー

高精度な播種床づくりを
可能にした砕土・整地

ボトムプラウ作業後の耕起された表層は凸凹しています。この凸凹を砕土・整地・鎮圧して、高精度な各播種・移植の床づくりの前準備ができます。ブレードが縦軸回転しながら土塊を砕土し、均平板で砕土された土を均しながらローラで鎮圧します。縦軸回転は鋤込んだ収穫残渣を表面に掻き出すことがありません。


※製品カタログPDFが開くので、ご希望の製品写真をクリックして単品カタログをご覧ください。希望小売価格は、2017年12月1日現在のものです。
製品一覧へ

バーチカルハローの効果とポイント

  • 効果1発芽率が向上、
    生育が揃う
  • 効果2播種精度が
    上昇
  • 効果3雑草処理が
    可能
  • 効果4代かき作業の
    効率化

有機物を表面に掻き出さない

播種の前準備として砕土・整地に通常のロータリハローを使用すれば、鋤込んだ有機物を掻き出すことになりますが、バーチカルハローは、ブレードが縦軸回転のため鋤込んだ大切な有機物を表面に掻き出すことはありません。

レーザーレベラーの効率を上げる

レーザーレベラーの前処理にバーチカルハローを使用することにより、プラウ耕での凸凹をならすことができます。これによりレベラーでの運土量が減り作業効率が上がります。

バーチカルハロー バーチカルハロー

バーチカルハローの特徴

ブレード

垂直回転のブレードは、有機物をかき上げることはありません。また、下層の水分を含んだ土はそのまま土中に残り、発芽によい土壌環境をつくりだします。

均平板

高低調整により、粗鎮圧から微細鎮圧の調整ができます。

スパイラルローラ

鎮圧効果の高い丸形で、中層を鎮圧します。ローラの溝が風害を抑え、傾斜地では水の流れに強く表土流出しません。麦、牧草、コーンなど播種深が深いものに適しています。
スパイラルローラ

パッカーローラ

表層を細かく砕土し、かつ平らに鎮圧します。 表面の残渣を押し込むので、代かき後のごみが少なくなります。水田や播種深の浅い、野菜の播種などに適しています。V19C、V21Cを除く
パッカーローラ

タイヤ消し

トラクタタイヤの踏圧を解消します。V19C、V21Cを除く

肥育牛の起立不能による死亡事故を未然に防ぐには、
バーチカルで牛床を均平にすることが有効です。

牛床内では牛たちの行動に制限があるため、房の周囲や中心が土盛りしたように凸凹になり、それにより年齢の高い牛や肥育後半の牛は、動きが俊敏ではないために、四肢を支えとする場所が無くなり、起立できない場合があります。それを管理者が気付かなければ、牛はそのまま死亡するケースが多々あります。また、牛床が平らでない場合、起立不能だけではなく、そのためのストレスが原因で、肝・腎などの病気を発症したケースもあるそうです。軽量型のバーチカルハローは低馬力トラクタにも対応し小回りが効くため、牛舎内でも簡単に牛床を均平にすることができます。ぜひ、この機会に軽量型バーチカルをご検討ください。

バーチカルハロー

軽量型バーチカルハローRAシリーズ

LINE UP

バーチカルハロー ラインナップ

バーチカルハローの製品ラインナップは、こちらをご覧ください。

ラインナップを見る

バーチカルハロー バーチカルハロー